平井さんぽ

Blog

ベルリン さんぽ

2018.06.25
ベルリンへ車の旅。
土日の週末だけ友人に付き合ってもらいました。

けっこう私、車好きなのでドイツに行ったらアウトバーンを走ってみたいと思ってたんです。
日本で小型車を予約しといたのに用意されていた車はベンツの8人乗りのバンorフォードの小型車・・。
せっかくドイツまで来たのにアメ車もなんだしなぁ・・。ということでベンツのバンを選択。

まぁいろいろトラブルあったんですけど、旅にハプニングはつきもの
ようやく昼ごろハンブルグ出発!

アウトバーンを最高速、200km/h以上出して、あっという間に到着しました。
料金無料、速度制限なし
さすが自動車先進国、道路も車も素晴らしい。

でも路上駐車は多かったですね~。
今回の旅、ハンブルグ~ベルリン~デッサウと計600km運転しました。
そんなに長距離を運転した感じはしなかったなぁ。

やはりその国にはその国に合った車のかたちがあり、メルセデスベンツの時速160kmからの安定感は抜群であった。
バンでなければもっと良かったのだが・・・。

ベルリンに着くとホテルに車をとめてUバーンでベルリン市内を巡る。
ビルが多いですね。 チェックポイントチャーリに行ってみる。
東西が分断されていた時の国境検問所である。
今は当時の様子を再現して、記念撮影のスッポットとなっています。

DDRミュージアムにも行ってきました。
社会主義時代のライフスタイルを展示してある博物館です。
可愛い色使いのインテリア、当時の生活などが垣間見れて面白かった。
トラバントを運転したり。 なかなか見どころ盛りだくさん、楽しめる博物館であった。
社会主義のライフスタイルを垣間見れました。

なんとなく冷たいイメージを持っていましたが、生活の工夫があったり、かわいい日用雑貨があったり、それはそれで魅力的で創造豊かな生活をしていたのですね。

DDR見学のあとベルリンの壁見学です。
ドイツは21時ころまで明るいので、夜も観光できるんですね。
旧ソ連のブレジネフ書記長と旧東独のホーネッカー書記長のキス画。
冷戦時代の雰囲気はこれっぽっちも感じさせず、ベルリンのはアートのまちとなっていた。

人間は争いごとや戦いが根本的に好きだから 悲惨な戦争をしたりするけど
最後はアートに落ち着いて

アートっていいですね。平和で。