平井さんぽ

Blog

HAMBURG さんぽ

2018.06.20
Sバーン21に乗り換えてBergedofに着く、地方の駅という感じ。
そこからバスに乗って10分くらいするとさらに町から離れて放牧地、羊がのんきに草を食べていた。
またなにかいるな・・。と思ったら、干し草ロールがそちらこちらに転がっています。



長閑な風景に、これからノイエンガンメ強制収容所を見学しに行くことを忘れてしまいそう。。。

第二次世界大戦当時、10万人もの捕虜が収容された場所である。

ドイツに行ったら負の遺産も見学しなければ・・。と思ってたから行ってきました。


GLEIS17にも行ってきました。
捕虜を輸送した17番線のホームと線路だけが残っています。
今は錆びた線路ぎわに雑木がうっそうと生い茂っていました。
アウシュビッツに何月何日何人運ばれたと書いてある鉄のプレートがホームに敷かれています。
このホームから、ユダヤ人が大勢、運ばれたそう。

ドイツの過去の反省として残している場所です。
ドイツ人ですら目をそむけたくなる負の世界遺産でありますが、歴史博物館として残してあること・・・。いろいろ考えさせられますね。



なにか複雑な気持ちになったので
Bergedofから帰る道中、レーパーバーンに下車してBARで一杯やって気分転換してきました。
レーパーバーン(Reeperbahn)はハンブルグ一の歓楽街
ビートルズがデビューしたての若かりし頃、ドサ回りしてライブしてたそう。
一人で歌ってもなかなか人々に聞いてもらえず、独特のハーモニーで歌うようになったそうだ。 かつて演奏していたライブハウスは今はなく、モニュメントだけがありました。
ビートルズがドイツ発であったこと。
ドイツに行くまで知りませんでした。

さんざん歩き回って、その日は3万5000歩も歩いたので疲れましたね。。。

HAMBURG 庭 植物 公園

2018.06.17
ドイツ ハンブルグ
広いお庭、芝刈り、剪定・・・。

湿度がない  汗もかきません。

日本の芝と違ってコシが無く、成長も早いので大きく伸ばしてから芝刈りすると剥げてなくなってしまうので、綺麗に維持するには、こまめな芝刈り、肥培管理、灌水が必要みたいです。
無事、完了しました。 涼しい気候の中で作業ができて気持ち良かったです。 町に繰り出すと職業がら、やはり街路樹など気になりますね。 スタンダード仕立ての街路樹も多く、下枝を枝打ちして整形している形が多く見られました。

広場などではプラタナスがどこまでも大きくのびのびと枝葉を広げて、 ゆったりと茂っていて、やさしい木漏れ日。。。
歩いているだけで楽しくなります。

東京は電柱と電線だらけで街路樹もぎちぎちで・・・。どうにかならないものか?    とヨーロッパに行くたびに思います。
日本の様に蒸し暑くないのでラベンダーなどのハーブ類やコニファー類も気候との相性が良いのでしょう。



クラインロフトベックという駅のそばのロキ・シュミット・ガルテン・デア・ウニヴェルシュテート・ハンブルクという長い名前の植物園も視察してきました。
日本のノムラモミジなどもあり、カラーリーフの植物はドイツでも好まれるようです。

真竹の竹藪もありました。やはり日本風のものはドイツでは人気があるようです。
なかには瞑想している人とかいて、なんかウケます。


あれ?
日本の茅葺屋根の古屋らしきもの発見。。
ドイツの庭に組み合わせていることも面白かったです。
日本では屋根に神が宿るという「屋根神」という習慣が地方によっては残っています。
茅葺の柔らかい暖かみのある丸みは石造りのドイツの方々には素敵に見えたのでしょう。
我々が石造りの教会を見て同様にみえるように・・。

ダムトワという駅のそばのプランテン・ウン・ブローメンという公園にも行きました。
大規模な日本庭園、池泉回遊式の庭園、流れの石組みなどもあり、人々の憩いの場になっていました。

ドイツは森の国。
やはり町にも緑があふれ、人々は植物が大好きなようです。

ドイツ HAMBURG 滞在記

2018.06.17
2018 JUNE
ドイツ ハンブルグ在住の友人のお庭の作業をかねて旅に行ってきました。

6/6(水)ドバイ経由のエミレイズ航空

ドバイ空港は広くてトランスファーが難しいと聞いていましたが、案外問題なく乗り換えることができました。

ドバイは砂漠地帯。遠くには蜃気楼が見えるような感じ・・。外に出ると、とても暑かった。
ターミナルから直結で乗り込むわけではなく、バスにのって遠くの滑走路まで運ばれての乗り換えでした。
道中、行きも帰りも4席使ってゴロ寝できたのでラッキーでした。
エミレイズ航空 CAもとってもフレンドリーでサービスとっても良かったです。

着陸前、空から眺めるとドバイとはうって変わって一面 緑の大地・・。ドイツは森の国、食糧自給率は100%なんだとか・・。
タクシーでホームステイ先まで移動。

車窓からの眺めは田園風景が広がり、ラジオからTOTOのAfurikaが流れた。

きたよ ドイツ! なにか胸が熱くなるのを感じた。


気候は湿度がなく、紫外線を強く感じる。
北海道のさらに上あたりの緯度なのでとっても涼しい。

その晩はご主人を迎えに電車に乗って町にくりだしました。
夜は10時ぐらいまで明るいです。

鉄道Sバーンに乗ってアルトナ駅で待ち合わせ。。。迷ったけど何とか合流。
アルトナは日本でいえば池袋ぐらいの駅、そこでお買い物など付き合ってもらいました。
ドイツの街には必ずBIOと書いてある商品がたくさんあるオーガニックの大きなスーパーがあります。質の高い食糧品や日用品を揃えていて、さっそく娘から頼まれたリップスティック、ハンドクリーム、お菓子などを購入。

アルトナからハンブルグまでS1とS21を乗り継いで移動
ハンブルク庁舎
ハンブルク倉庫街
ドイツ第2の都市、大きな湾岸都市というだけあって賑わっていました。

ニベアハウスにも行ってきました。
日本でもおなじみのニベア
ドイツハンブルグ発祥ということご存知でしたか?

乾燥と寒さの厳しいドイツでは理にかなった商品だったようです。

現地でしか購入できないレア商品をお土産に購入しました。。。


夕飯はハンブルグ市街地の自家製ビールが飲めるレストラン。
大手町の金曜日という感じのところであった。

テーブルの上はこの時期しか食べられないホワイトアスパラ、ほかにはソーセージ、ザークラフト、ラムのステーキ、カツレツ?など・・。そしてヴァイツェンなど何種類もの手作りビール。

しかしドイツは空気が乾燥しているのでビールがうまい。

料理は一人前をシェアして、私にはちょうど良い量でした。ドイツでは自分のお皿を分け合って食べるのはマナーが悪いこと・・。になるそうで一人一皿、食べています。隣のテーブルでは年配の方でも、とても大きな肉の塊をペロリとたいらげていた。


人は旅をすると己はなにものなのか・・。と考えさせられる。

そんなにウキウキ気分が続くわけもない。
ふとした瞬間に悲しい記憶が頭によぎることもある。

旅の食事は、ずーっと肉とパンをビールで流し込む感じだった。 ステイ先の奥様が作ってくださった、おにぎりと味噌汁
どんだけ癒されたことか・・・。

やっぱり私、日本人なんですね。

寝床は屋根裏部屋をお借りしました。

心より感謝しております。

Humming映画の会

2018.05.13
5/4(金)新緑を楽しむ会
「Humming」葉見ing!レポート。

風の穏やかな日で良かったです。
デビュー20周年のシンガーソングライター イノトモさんのライブのあと、
今年は映画会を行いました。

真弓定夫先生は小児科の先生で、我が家の子供たちの乳幼児健診していただいたり、ホームドクターとしてお世話になりました。
晩年は近所の料理屋でよく出くわすこともあり、お酒をのんで食事をご一緒しました。そんなご縁もあって先生のドキュメンタリー映画を平井園で上映できたことは嬉しいことです。

映画終了後は真弓先生の娘さんで、今回、映画を上映するにあたり、いろいろコーディネートしていただいた真弓沙織さんとのトークセッションをおこないました。
その中で先生に勧められた山本有三さんの本「心に太陽を持て」の冒頭のポエムを私が朗読させていただきました。
そこから先生がアレンジして創られた言葉

「子育て とは その子の中にある太陽を見つけることである。」

真弓先生のお言葉も紹介させていただきました。

打ち上げは武蔵野ウドン
ゆでて食べました。

植物とふれて、素敵な音楽、映画、内容盛りだくさんの一日。

御来園いただいた皆様、たいへんありがとうございました。

海岸の映画祭

2018.04.30
三ヶ月ぶりのブログ更新です。
いつの間にかGW。。。

今年は逗子映画祭に行ってきました。


ウィンドサーフィンの水平線を眺めながら、ひと足先に夏~!てな感じ。。。
海風が実に心地よい

夕陽の頃、静かな波音が響きます。
海は光になっていました。

若い年齢の客層が多くて・・・。なんか俺も年とったなぁ。。。海岸とか行くと思います。
若者たちの活気に少し疲れた・・。

いや戦うのだ。自分自身と・・。などとあらためて思う。
遠くには富士山が見えていて・・・。
幻想的。
日没とともに夕闇のなかスクリーンが映りだしました。

夜は少し冷えましたけど、天気も良くて、なんか良い一日でした。。。

前の5件へ

次の5件へ