平井さんぽ

Blog

撃剣家の巻

2021.10.02
「撃剣家」・・。という名のインパクト

  芝久保墓地には並木綱五郎の墓があります。
西東京市指定16号の文化財である。

北辰一刀流の剣豪 並木胤繁は文政8年(1825年)に田無村で生まれました。
病をへて46才で亡くなりますが、十周己の明治14年(1881年)に門下生39名がお墓を建立しました。

『多摩のあゆみ 創刊号』によりますと・・。

「撃剣家並木先生墓」の上段台石に39名の門人の姓名が彫られているが、平井週作はその筆頭幹事になっている。
平井週作の幼名は寅之助であり、北辰一刀流の創始者 千葉周作から、その結びつきがある週作に改名しても恥じない剣の達人であったと思われる。
門人のなかに下田半兵衛、賀陽済の名が見える。週作は筆頭幹事であるから、北辰一刀流の相当の使い手であることがわかる。。

とのこと・・。


凄い男がいたもんだなぁ・・。

ちなみにウチは週作さんの末裔ではありませんけど・・。微妙に

『田無市史第3巻通史偏』では

幕末期になると、村の自衛欲求とも相まって、農村部で武芸の稽古を行う者も増えた。幕末の田無にも剣術家がいて道場を開いている。
並木は北辰一刀流を江戸の千葉道場で学び、その奥殿を許され帰郷し、並木胤繁を名乗ったという。
元治、慶応の頃には田無に道場をもち、近郷からも門人がふえた。

と記されています。
墓石に刻まれた門人名を見ると、田無、関前、西久保、境などを中心に近郷の村々の名前が見えます。


尚、北辰一刀流の有名な方は坂本竜馬がいます。
余談であるが、竜馬が北辰一刀流桶町千葉道場主の二女 千葉佐奈と恋仲であったことは有名な話である。


2020年頃お聴きした新町の古老 桜井勇二さん91才の話では、新選組局長の近藤勇も出稽古に来ていて、平井週作たちと稽古をやっていたと聞きました・・。
マジっすか・・。ということで

少し調べてみました。 武蔵野ふるさと歴史館の歴史探訪講座では、境村の『秋本家文書』にあった近藤勇からの書簡などを参照しながら、幕末期に多摩地域の農民層が剣術を身につけ、村を自衛したことや剣術をめぐる交流が盛んだったことなどを研究した講演を行ったようです。

近藤勇も調布だし・・。歩いて来れない距離ではないからね。ありうる話だな。

なかには「都合がつかず、伺えないので欠席する。」などの文章もあるそうで
リアルである。
流派は異なっているが、他流派との出稽古で近所まで来ていたってことはありえますね。
てか。境村、関前村あたりまでは来ていたね。

もしかしたら、このへん通って芝久保辺りまで来ていたかも・・。

ほんとだったら嬉しいな。

暗渠ウォーク 田柄川用水さんぽ

2021.09.18
 明け方に綺麗な虹を見ました。
早くコロナが終息してもらいたいものである。


田柄川用水 石神井台辺りまでのポタリング!

まずは田無用水との分水口(田無町3-10)からスタート
「やすらぎの小道」から分かれている。
田無用水から北へ、青梅街道、所沢街道方面へ向かうのだが、田無用水跡はインターロック敷の歩道で綺麗に整備されているが、田柄用水はドブ板のシンプルなものである。
この差ってなに?って感じ。
北原町一丁目のGEOの交差点を横断して、再び水路らしき小道がはじまる。
気づかないと見逃してしまうかもしれないが、遍立寺の道路向いあたりに、らしきガードパイプがある。
そこから水路は北原町の住宅街を抜けるわけだが、西北には、新川の水源の一つともされている東大農場があり、新川南流のドブ板もある。
至近距離なので間違えやすいが新川南流と田柄用水は別ものである。
田柄用水は玉川上水の分水であり、あくまで自然河川とは合流しないのである。

しかし北原町は水路が多い、このへん中島飛行機関連の社宅だったそうな。その前の明治ころは水路もあるし...。 畑だったのかな。

ちょい寄り道して肉屋に寄る。
ちなみに、ここのローストビーフは間違いない。
ビールのつまみに最高だ。


さらに水路は東に向かうわけだが、保谷町あたりの「どぶ板」通称「保谷のバタバタ道」をチャリで走ると面白い。
楽器みたいな音がする。
保谷ゴルフセンター付近の暗渠は道路より高い位置にあり、土手を盛って水路を作った名残かもしれない。


むかしからの旧道もあり、今なお、面影が残っている。

ここは文化の交差点。

いまでは裏路地であるが、さまざまな神や仏がいます。人々の祈りや情念、願い、喜び、悲しみ、そして希望も潜んでいるような気がして・・。
その時代のメッセージが込められているような気がして・・。
とっても古い何かを感じます。 西浦北向地蔵尊


関道の起点にたどり着く。
「榎ノ木」は関道、榎ノ木通り、深大寺道が交差している。
ちょっと寄り道して榎の四差路を北に行くとそこには青面金剛庚申像
昭和20年の爆撃で、向って右二腕と左一腕を失っている。当時の住宅地にも空爆があったことを物語っています。
表情とお姿が、どことなく可愛い。

水路沿いの本町6丁目付近には岩船地蔵立像(二体)があったそうな・・。諸事情により2020年に移転して現在は西東京市教育委員会が保管中とのことです。
※スケッチと写真は『保谷の石仏と石塔一』より引用

駄菓子屋を発見した。店主の話では「50年前ころにコンクリ蓋がかけられた。それまで近所の子供は必ず一度は側溝に落っこちた経験がある。」そうだ。
三色アイスを食べて、さらに暗渠を突き進む。

暗渠はいったん二車線道路と合流しかかると思いきや、すぐ西側に分かれて南へ進んでいく。
西東京市立本町小学校の脇を抜けて
富士町あたりに来て新青梅街道を横断する。この辺、伏見通りも新しくなり、暗渠の痕跡はとぎれとぎれになる。
富士町に入ると水路脇のお花が綺麗でした。こんな風景ほっとしますね。
関道と富士街道の交わる付近、この辺、水車小屋があったようだ。

ここから田柄用水は富士街道沿いを東に向かう。

富士街道を東にワープして「けやき憩いの森」に到着
そう。ここはロイヤルホストの向いの森みたいなところ。
素掘りの用水路の跡が47m残って当時の様子をうかがうことができます。
ここは本橋家の屋敷林に用水を引き込んで、野菜の洗い場があったそうです。 アスファルト道路のペイントに水路敷の表示、公図上に残る川の跡である。これから先も田柄川と南北に繋ぐ水路敷も多くて、水の行方が気になるところではあるが、今回はこの辺で引き返してきた。


帰りに清戸道の富士の湯に入ってきた。 お城のような伝統的な銭湯建築
体を洗いながら金魚が泳いでいる水槽も眺められます。
坪庭には池もあり

まるで魚になった気分だよ。

ゆっくり自転車こいで西東京まで帰ってきた。秋風もここちよか~♪



田柄用水は明治4年に開削した比較的新しい用水ですが、名前の由来は、田柄エリアは水利に恵まれず、農耕地に適さないということで「田が枯れる」~「田柄」になったという説もあるそうです。
そこで、流域の住人が懇願して用水が引かれたそうで。
しかしながら昭和30年代には全てで通水は止まってしまったそうだ。

田無から旧上保谷を抜けて富士町から石神井台まで田柄用水さんぽしてみると、関道や富士街道にある古い文化財とか見て廻ったり。新たな発見もあるわけで・・。

私が造園やっているせいですかね。
最近、大地のわずかな起伏とか勾配とか窪地とか、なんとなく肌で感じて・・。気になって気になって
また新道をズドンと通すと地形がより解るんですよねぇ。
まぁ概ね平坦地ですけど・・。このへん。
ましては用水となると低い窪地に水を落とすわけいかないので、大地の尾根のようなところを僅かな勾配をつけて下町の方まで開削したのだから。
だから、用水の通っているところは周辺よりもわずかに標高も高いわけで、なんとなく空気まで綺麗な気がするのです。
また時間つくって川越街道付近とか、さらにその先へ・・。


田柄用水のその先の未来も歩いてみようかと思ってます。

地下水が、堆い

2021.08.01
 武蔵野台地で発見されている4つの地下水堆のうち、実は2つが西東京市内にあるんです。

地下水が堆い(うずたかい)と表記する。
  地下水堆
(ちかすいたい) 滝島 俊さん作成の資料によると・・。
微妙に西東京市の浸水ハザードマップとずれているところや、必ずしも地表の標高が低いところと限らないってことも興味深い・・。

その発見者で名づけ親である東京理科大学の吉村信吉さんの、論文から抜粋しますと、以下のようである。

多数の井戸から地下水の高さを調査し地下水面が盛り上がっているところを発見した。

・又六地下水堆: 旧保谷市(西東京市)
・上宿地下水堆: 旧保谷市、旧田無市(西東京市)
・井荻、天沼地下水堆: (杉並区)
・仙川地下水堆: (三鷹市)

発見した4つの地下水堆のうち2つが西東京市内にあるっていうのだから、珍しいもの?として自慢・・?できますかね。
それとも・・。
探せばもっとあるんじゃねぇかと思おとるのですが。

いつもお世話になっている、あの商店街の下あたりとか・・。あの公園の下あたりにも・・。大きな水堆があるって、想像できます??? ↑上宿水堆付近、東大農場内の溜め池とカモとレーダーと田無タワー

ちなみに、この辺は2~3m掘ると地下水が出るそうで・・。

容易に水が取りやすい場所であったので、昔から人々が住んでいて、少なくとも中世には谷戸付近に人家があったとされ、現在のフラワー通り商店街周辺には板碑など古い文化財も発見されています。
↑宝晃院に安置されている、鎌倉時代の板碑
市指定文化財第3号
 「延享の板碑」(1308年~1310年)


この地域、むかしは豪雨時に野水が出たという話を聞きました。
↑暗渠のグレーチング部分から綺麗な水が窺え、耳を澄ますと水のせせらぎの音~♪

地下水堆の下部が粘土質で、地下水を滞留させると同時に雨水の浸透を妨げるため、大雨時に地下水堆がいっぱいになると野水、寄り水となって地表に溢れ、小川を形成した。
それがやがて新川や大泉堀などの白子川の支流になったのでしょう。


野水が出るところって畑とかに向かない場所もあるだろうし、建物を建てるにしても、しっかりした基礎にしなければならない、あまり歓迎できるものではないが・・。

綺麗な水が、うずたかく、幾重にも高く盛り上がっているなんて。。

私は、水の潤いをとじこめたような「水まんじゅう」のようなものを想像しました。
夏にぴったり。 古く昔から人々は住んでいるのだからメリットも大きかったのではないでしょうか。


上宿あたりの地下水でつくった、豆腐屋のところてんが美味いこと美味いこと..。

毎年のことですが
日陰でも38℃の夏でした。

暗渠ウォーク  新川さんぽ その2

2021.05.27
 旧上保谷エリアって水路だらけじゃねーの・・。

気になる小道もたくさんあって。
水路の行方が気になるんだよね。

今は住宅街だけど、江戸時代ころの小川が流れていた風景とか勝手に想像したりして。。。

はじめて通る道も

どこか懐かしいのです。
草花と生垣の濃い緑が美しい・・。
この辺はツルマの弁天池がかつてあったそうだが、現在は公園になって痕跡すらありません。
泉町に突如、開渠現る。

全長115m。
現在、流れはなさそう。
大雨の時、流れるそうだ。 そして、水路は、あの駄菓子屋の脇を通過するのだ。 歩き疲れたのでチェリオを飲んで気合を入れなおす。

駄菓子屋のおばちゃんの話では、昔、雨のあと如意輪寺の方へ子供たちが行くと、泥遊びをして泥だらけになって帰ってきた・・・。らしい。

沼でもあったのかね。

考えてみたら、最近泥だらけの子供って、近所でみたことないねぇ。植木屋ぐらいだねぇ。泥だらけになってるのは・・。



田無エリアに入るとコンクリ蓋のサイズが小さくなります。
保谷と管轄が違うのがくっきりわかります。スペース的にも水路幅が取りづらかったのでしょうか。
谷戸新道にたどり着いた。

野分初稲荷/白山神社の脇を通り、手を合わせる。
田無の始まりは谷戸周辺だそうで、古くから祀られていた野分初稲荷は現在は田無神社に合祀されていますが、この地にあった白山神社と共に、分祀されて再び祠が戻ってきているようです。


この先が「東大農場」、新川南流の源流地の一つです。 天文観測のレーダーのようなものがクルクル回っている。

この源流付近で折り返して、田無駅寄りの新川南流田無エリアを歩きます。

これが川・・。?

たしかに東大農場付近の湧水地から細い暗渠をひいて谷戸新道を横断しているが・・。 住宅街を直角に曲がり直線的な流路なので、単なる排水路としか思えない。

 むかしこの辺には銭湯があったそうで、営業が終わると、この川に湯気が立ち昇っていたという目撃談を年配の方から聞いたことがある。

これが白子川の支流であると主張する西東京市サイドと、あれは排水路だから白子川の支流ではないとする練馬区サイドとの見解の違いもあるそうで・・。
後日、雨の日に北原町アパート辺りの遊水地に行ってみたら水が溜まっていて、遊水池としてちゃんと機能していた。

やはり新川南流は、れっきとした川なのか・・。なんなのか?
保谷町ローズガーデンに寄り道。
コロナ禍で封鎖中とのこと・・。
トラロープで立ち入り禁止で残念。。

↑は新川南流の源流地の一つ。緑の防草シートに覆われているが、かつて「江戸島」(エドジマ)と呼ばれた沼があり、水路脇にはソメイヨシノの並木が残っていて、昔の面影を感じます。
地下水堆が高いからであろうか。ソメイヨシノの立ち枯れが見うけられる。

水路が鉤状に湾曲していて桜並木があり、この辺は独特な雰囲気を感じます。
地元の方の話では、昔は小川が流れていて蛍もいたそうだ・・。

一面、芝畑だったけど・・。急速な宅地化、ベットタウン化が進んで・・。

ドブ川と呼ばれ、子供たちは飛び越えて遊んでいた。

そしていつの間にか、コンクリ蓋が掛けられ・・。という話

のどかな風景とか
失ってから気づくことってあるかと思う。


この先の、ノスタルジックな商店街で一息。
メンチカツを立ち食いする。
うまい!
メンチカツってあまり得意な食べ物ではなかったが、ここのメンチは美味いと思った。
そろそろ冷たいビールも飲みたくなってきた。


再び如意輪寺周辺まで戻る。
ここは新川北流、南流の合流地点である。 右手はマツバ池(的場池)と呼ばれる湧水地の跡地、大小ふたつの池があったそうだ。


今回の新川暗渠ウォークはここで終了!
さんざん歩きまわりました。

こんなに水路があるんだったら、一部コンクリ蓋を開けて千川上水みたいに清流復活!
とかやって整備したら、子供たちの遊び場や散歩道としても素敵なんだけど。行政には期待するところであります。

日頃、なにげなく車で通りすぎてしまう地元も、よーく大事に大事に調べてみると面白い発見があるもんです。

保谷四軒寺周辺も、鎌倉時代から人が住み始めている古い文化圏、穴場の観光スポットととしてフューチャーすれば町の魅力の一つになるかもしれませんね。
暗渠ウォーキングマップとかあっても楽しそう。
しとしと雨が続きます。
アジサイでも眺めに、もう一廻りしてこようかね。

暗渠ウォーク  新川さんぽ

2021.05.22
全国の暗渠ファンのみなさん、こんにちは!

今回は西東京の「新川さんぽ」に行ってきました。

新川ってどこ?っていう方もいらっしゃるかと思うのでちょっと説明しますね・・。

西東京市の東大農場辺りも源流の一つで最後は白子川に接続しています。
現在ほとんどがコンクリートの蓋をした暗渠で水も流れていません。
古地図にも載っています。

けっきょく今年のGWもどこにも行けなかったんだけど・・。ヤギサワベースの店主から新川ウォーキングのお誘いがあったので行ってみることにした。


まず保谷駅からスタートだ。 保谷駅から東伏見方面に向けては緩やかな下り坂である。新道が開通するとよくわかる。

別にドラマチックな坂ではない。でもこの勾配が重要なんだよね。水は高い方へは行かないからねぇ。 東町付近のツツジ、やはり5月が見頃。

現在は行き止まりの水路跡もあったりして
草の生い茂る道なき道。
川歩きって期待してサンダルできた輩がいて大変だったね。 隣が梅林で有刺鉄線の草っぱらの小道を突き進むと突然、開渠が現れる。
なぜ突然の開渠なのか?

この瞬間、ボルテージが上がります。

有刺鉄線って「バラ線」って呼んでた。子供のころ、怪我をする奴って必ずいたよね。
↓は俗にいう「碧山バイパス」分岐点付近のマンホールinマンホールである。
溢れた水は、このバイパスを通じて石神井川方面へ導水されているんだ。
碧山って名前が良いよね。どこにあんのかね?エメラルド色の山って・・。素敵なお名前。
芝生の校庭が爽やかで・・。素晴らしい!
きっと在校生と父兄の皆さんの協力で築き上げた芝生が、まさに!碧山(エメラルドの山)なんですね。

碧山小学校の下にも、かつて川が流れていたそうで。痕跡がありました。


中町付近にバラの手入れが良く行き届いたお宅がありました。素敵! 西東京市保谷庁舎周辺は新しいコンクリ蓋でグレーチングの箇所もあり、場所によっては水がにじみ出ているのも伺える。

なんと!西東京市スポーツセンターのエントランスを横断しているのだから驚きだ。
保谷新道を横断して泉町に入る。
河原撫子(カワラナデシコ)がなんとも可愛らしい。
夢に出てきそうな風景、歩かないと見つからない景色ってあるよね。

さすが泉町!地下水堆が豊富なので、ときおり現れるグレーチングの隙間から水面がうかがえる。
水深は30㎝~50㎝ほど、水は澄んで綺麗。
生き物がいたりすると、暗渠マニアの興奮度合は一気に高まります。

この辺は旧上保谷エリアでも早くから人が住み始めていました。水が取りやすいからでしょうか。
横山道は鎌倉街道でありまして保谷四軒寺があります。
如意輪寺の廻りにも暗渠があり、旧山門の前を横断している。
如意輪寺は500年ぐらい前からあるらしい
ってことは!
もっと前から人々は住んでいたことになる。

たしかに、この辺、神社仏閣が多い
お寺をぐるりと回る暗渠、風情あるんだよねぇ
如意輪寺と保谷志木線をまたいだ先の水路は一部開渠になっていて、構造的に謎である。。 ヤクルトの販売所付近なんだけど、このトンネルの先が気になる。

ブログでご紹介できるのは、ごく一部、

旧上保谷エリアって、かつては水路が張り巡らされていて、水の都「ベネツィア」みたいだったんだ。
って。言い過ぎた。失礼!(笑)

コンクリ蓋がなければねぇ~コン畜生!

長くなるから、この辺で。
後半へ続きます・・。

前の5件へ