平井さんぽ

Blog

山梨さんぽ

2020.02.13
 ぶらり甲州へ行ってきました。

山梨県立美術館にはフランスの画家ミレーの絵画がたくさん収蔵されています。
 大きな美術館。
「落穂ひろい」など代表的な絵画を鑑賞。。
ミレーが生まれ育ったフランスは農業自給率が高い国だから、フランス国民の心の原風景には農民の姿というものがあるのかもしれません。

厳しく貧しくもひたむきな農夫の姿や自然の描写には神秘性すら漂っています。


きっと共感できるのでしょう・・。
一部の貴族の趣味であった絵画の題材に、あえて農民の暮らしに着目したところがミレーならでは・・。美しい夕暮れ時。
う~ん・・・サウダージ。

 色使いは暗めで深い感じ、そこに想像させる余地があるというか・・。どの作品も高級感のある深みを感じました。

でも・・昔からこの絵を見て思うんですけどね 
とても腰に悪そうな姿勢だな~・・。っと思うんですよ。
作業効率は良いのでしょうが、長時間この姿勢では腰を痛めるんじゃないかな?なんて思ったりして。

腰は落とす、もしくは膝をつくほうが腰にはよいでは・・。と思うのです。
よけいなお世話ですが・・。


 夕方からは甲府の桜座でライブ鑑賞~!
地方ならではの渋いライブハウス。
アルゼンチンから23時間かけてやってきたギターリスト フェルナンド カブサッキのギターを聴かせていただきました。

激しい音や奇抜な演奏ではないのですが、流れる小川のような静かなギター

おとなしい~。

私にはよくわからないのですが、ただならぬ雰囲気をかんじる。
まるで音と会話をしているような幻想的な演奏であった。

  勝沼でワイナリーを数件ハシゴして
ヴァンルージュ!

勝沼は起伏も多くガレ場も多い土壌、盆地なので夏は暑くて、冬は谷から吹きつける厳しい風もあり、寒暖の差が厳しい土壌であります。
でも午後の陽光はやさしくて南アルプスに沈むまでたっぷりと吸収できるようです。

なまぬるい土壌で育ったブドウでは美味しいワインはできません。厳しい環境を乗り越えて育ったブドウこそが良いワインになるらしい。


慶千庵 
かぼちゃ、野菜、水、地粉のうどん、味噌、すべてこの土地の食材を鉄鍋で煮た「ほうとう」をいただく。
辛味噌を薬味に入れると、さらに食欲を加速させる。

フランスではその「土地に根ざすもの」「その土地の味」「土壌」の意味でテノアールという言葉があるらしいが慶千庵の「ほうとう」はまさにテノアールでした。トレビア~ン!
辛味噌はお土産に購入~!
ほんとに美味しくて、ご馳走様でしたと深々と頭を下げてしまうほど・・。
体も温まりました。

とっぷり暮れる甲府の夕日を眺めながら温泉つかって帰路に着く。。

東京からわりと近いし、ブドウ狩りシーズンでないと人も少なくてなかなか良いですねぇ。

夕暮れ時の甲州

まるでミレーの絵画のようにゆったり時がながれていました。

西荻の裏路地

2019.11.22
 最近は春と秋が短くなったといわれますがどうでしょうか。
植木屋は外仕事なので暑かったり寒かったり・・と。

春の2週間と秋の2週間ぐらいでしょうか、本当に気持ちがよいなと思うのは。


西荻窪には以前から毎年、お庭のお手入れをさせていただいているお宅が何軒かあります。
お昼はお蕎麦を食べました。
 秋は新そばの季節。
お蕎麦を食べたくなりますね。
湯桶の蕎麦湯まで飲み干すと体がじんわりと温まります。

 路地を歩いていると、おいしそうなパン屋さんを発見! カンパーニュを買ってきた。

あしたのパンを調達したので、帰りの車の中で香ばしくていい匂いがするのだが、ぐっとこらえて帰路につく。
あしたのパンにするはずでしたが、晩に食べてしまいました。
カンパーニュが美味しくて赤ワインと共に


西荻の町は、雑貨屋さんや路面店も多く、人通りもそこそこいて。
おちついた空気感が昔から好きな町です。
店員まで、おちついている感じがしますね。

吉祥寺とか渋谷とか賑やかな駅周辺は、なにかギラギラしていて・・。
歳のせいだか、くたびれます。
そこより2つ3つ離れた街が好きです。

西荻のカンパーニュ、噛めば噛むほど小麦の深い味わいでした。

七夕まつり

2019.07.19
 ちょっと前の話になりますが平井園の南側に位置する町内会の七夕祭に行ってきました。

忘備録として心の底にほんの少しだけ書いておきますね。

人形劇をやるっていうんで小屋の設営を手伝ってきました。
ああゆうものは、こむずかしく考えないで勝手にお手つだいするとなんか楽しいですね。
人形が絵本とそっくりでとっても可愛くって・・。
有志の方々が実に楽しそうにやっているんだよなぁ。
即興だからセリフもたどたどしいんだけど・・。

子供たちの真剣なまなざしとはうらはらに、気楽にビール飲んで世間話しているオッチャンもいたり、勝手気ままな感じでね。

なかにはバルーンアートを振る舞う方もいたりして・・・。

子供たちの笑いこえっていいですね。温かくて
最後は皆さんで七夕の歌を歌いました。
伴奏もないから、みんな音程ばらばらだったけど、そこが案外よかったりして・・。
ふだん、町で会っても会釈ぐらいしかしないけど、祭りとなると声を掛け合ってお話したりして。
向こう三軒両隣・・。って感じ。 地元の人たちと共有できた貴重な時間だったのかなって、後になって思いましたよ。


ぜひ、来年も楽しみにしております。

お疲れ様!

燗酒

2019.07.09
 感覚って千差万別なもので・・・。

以前から好んで呑んでいた「杉錦 天保十三年」がフランスで5月末に開催された日本酒コンテストで同部門の300点の出品酒のなかからトップ5に選ばれたと最近知りました。
このコンテストの最大の特徴は審査員がすべてフランス人のソムリエ、レストランのオーナーなどワインのプロフェッショナルで構成されているってこと。。。

突然の出来事に自分が賞を取ったわけではないのですが喜んでおります。
俺の舌は間違ってなかった・・。などと。

正直いうと賞ってあまり信じてなくって
ただ好んで呑んでただけなんだけどね。


このお酒、山廃仕込みの純米酒。
吟醸みたいに華やかな感じはないのですが、それなりに酸味があって、糖分は少なめな感じですっきりしていて

雑味といえば雑味なのかなぁ・・。
それを含めて風味が複雑に絡み合って 純朴な味わいが醸しでていて・・。

私が思うに、値段も手ごろで庶民のお酒。

なんか偉そうなこと語ってるけど、よくわかってないんですけど‥。(笑)

  まずは体で感じてほしい・・・。

だいたい「燗酒なんて呑まねぇからよくわかんね」とのお言葉が返ってくるのですが・・。
感覚って千差万別なものでして。


仕事帰りに武蔵関にある酒屋、「大塚屋」さんで調達して帰りました。
夏に向かっていくにしたがって冷たいものをたくさん摂るので、胃腸が冷えて、体の調子が悪くなる時があります。
ワタシだって冷たいビールをのみますもん。

でもね
植木屋の仕事は屋外なので大汗をかくし・・。そのあと車で移動したりするとお腹が冷えて、かったるくなるんです。

バカボンのパパは植木職人ですが、いつも腹巻をしてますよね。


そう。
お腹は冷やしてはいけないのです。
エアコンは快適で気持ちがよいのですが、現代人は意外と体の冷えに気づいていないかもしれません。


そんな晩は燗酒で晩酌すると胃腸の緊張がほぐれて、翌朝が楽なんです
お風呂にゆっくり浸かった感じみたいな・・・。

お腹がポカポカしてます。


今年の梅雨は雨がちゃんときて、涼しい日が続いてます。

あいかわらず忙しい日々ですが
自然相手の仕事
季節には敏感でいたいです。

どうぞ体を冷やさぬよう、ご自愛くださいませ。

恵比寿さんぽ

2019.07.01
 先日、知り合いのライブステージを観に
恵比寿のLIQUIDROOMに行ってきました。 この謎のバンド!
オルタナ的なジャンルでは先駆的な音でね。
90年代ごろから海の向こうでもライブやってたらしんだけど
エレクトロな感じとギターリフのバランスが絶妙なんだよねぇ。

激しいドラムと雄叫びのようなヴォイス
時折スパイス的にスクラッチやノイズ
そして女性ハーモニーが小川のせせらぎのように透きとおっていて・・・。

すべてがひとつになった時
会場全体に大きなうねりを感じました。

このグルーブ感。。。ライブハウスならでは

重低音サラウンドは鳥肌モノ。


音響芸術の世界って素晴らしいですね。



やっぱり・・・。
いくつになっても音楽は心のよりどころ・・。


恵比寿などめったに来ないのだからということでライブの前に恵比寿さんぽ。
お昼はたシンクでカレーをたべました。 牡蠣とクレソンのカレー

こーゆーことか・・。と納得。

牡蠣と複雑に絡み合ったスパイスの風味にクレソンが清流のごとく爽やかにサーっと入ってきます。
意外な組み合わせが絶妙のハーモニー・・。
素材の味をより引き立たせています。
また恵比寿に行ったらつい寄ってしまうことでしょう。

その後、恵比寿ビール記念館へ。
名前の由来や地元の歴史など、オペレーターの方からご案内していただき、最後はビールを試飲してYEBISUを堪能しました。 夕方のライブまで、まだ時間があったのでガーデンプレイスとウエスティンホテル東京の庭園など
さんぽ。
アーケードに植わっているトウカエデ(唐楓)ハナチルサト
ネーミングもいいし、新緑も白くてきれいなので新樹種ブームの時、いっとき流行ったけど最近はあまり聞かないですね。
なんか時代を感じます。


ウエスティンホテル東京の庭園も見てきました。 素朴な田園風の庭園、高いビルディングとの組み合わせが絶妙のハーモニー。
互いをより引き立たせていました。
枯木を使ったフェンスが印象に残ります。
そのへんで拾ってきた枯木を巧く庭に取り入れています。
廃物を巧く使うことで、素朴さとか懐かしさが醸しでていて・・。
空を見上げると高いビルディング。 都会にはありえないであろう。
大きな流れの滝口もありました。


異なるものを組み合わせることで、より互いを高めあうことってありますよね。
あえて崩したものを取り入れることで
新しいなにかが生まれることもあったりして。


それもそれでいいのかな。

恵比寿ブラブラさんぽの一日

いくつになっても見て学ぶ気持ち、大事にしたいです。

前の5件へ