平井園だより

News

稗倉

2021.04.03

 天保9年(1838年)田無村名主 下田半兵衛富永が民衆の飢饉に備えて稗を貯えるため自宅の庭に五百石入る稗倉一棟を自費で建てたそうな。。。

現在は西東京市の指定文化財である。

干支にちなんで12分の1づつ年々詰め足し古穀を貧困者並びに火災、病難等の者に分配していた。今でいう備蓄倉庫の様なものであろうか。。。



今から5年前、下請け業者として作業に関わったのですが、地元の歴史を知るって、有意義なことで。。。

田無にある江戸時代からの文化財、「稗倉」の移築に伴う石碑、既存樹の保護、景観の整備を行いました。
conv0005

まずは傾いた石碑を起こして既存樹木や周辺の撤去から

conv0007 conv0008

埋まっていた古い水路などが出没して作業を中断することも。。。 市教育委員会や学芸員の先生がた、 庭園設計者、たくさんの方々が登場します。

conv0004

たくさんの有識者の御意見をふまえながら制作いたしました。

conv0016

下田家に隣接する田無上水の水車で実際に使われていた石臼を飛び石に配置、古い水瓶も。

半兵衛さんは「槐宇道人」という雅号があったそうです。ゆかりの槐(エンジュ)の木を石碑の傍にそえます。

conv0019

稗倉の傍には下田半兵衛さんの功績を称えた石碑「養老田碑」 

江戸時代に立てられた固い石質。



↑の作業から5年が経ちました。

再びご縁がありまして、今年、母屋の庭に枝垂れ梅を植えさせていただきました。
明治天皇が昼食に立ち寄った館であると郷土史研究家の方から聞いております。 明治天皇がいらっしゃるので下田家はトイレを新築したというエピソードがあるそうです。
conv0017

下田家の庭から下草を移し植える・・・水仙は春を告げてくれます。

稗倉はこれからも地元の移り変わりを見守ってくれることでしょう。

薬王院 植樹

2021.03.28
 桜も満開で空は薄曇り・・。これが
Tha 日本の景色。
ミシュランガイドの三ツ星にも認定されております。 植樹に行って参りました。
高尾山には飯田林業さんのご紹介で10年以上前からモミジをたびたび植えさせていただいております。
大きなモミジを2t車に積み替えて裏登山道を突き進むんだけど、けっこうスリリングでね。

いざ!高尾山薬王院。 インディージョーンズのテーマソングが合いそうだ。 途中、切り返しのできないツズラ折れが数か所ありまして、クレーンで樹木を立ててスイッチバック!
杉の大木をどうにかこうにか、かわします。
どうにか山頂付近に着いた。 風で吹き飛ばされてしまわないように、しっかり支柱もして

無事、仏舎利塔の愛眼千手観音の脇に大盃モミジを植えさせていただきました。


いずれ紅葉してこんな↓になったら、参拝記念のお土産に落ち葉拾いはいかがでしょう。
(平井園11月) 大盃モミジは大きな葉でまっ赤っかー。に紅葉します。

パワースポット高尾山!
コロナ鬱なんか吹き飛ばしてくれますよー。
元気になります

ありがとうございました。

思い出の柿、移植

2021.03.08
 啓蟄も過ぎまして、だいぶ暖かくなりました。

一雨ごとに暖かくなりますが、寒暖差もありますので体調管理は気を付けたいです。

 お客様が子供の頃から親しんでいた柿の木を移植してきました。
樹齢60年以上と思われます。
現場は都心の住宅密集地。掘り取り作業が大変でしたが無事搬出することができました。 ちょっと歪な鉢ですが、固く根巻をして。 クレーンで吊り出し。 跡形もなく・・。掃除して

柿は埼玉県の本庄児玉へ運搬。
無事植栽いたしました。

柿を植えるときは藁灰(ワラハイ)をたくさん入れると良い。先代から教わっています。

本当かな?と思いますけど根拠がないわけでもなくてね。
焼き畑のあとは作物が良く育つでしょ。田舎の風景でよく煙が上がっているのを見かけます。

灰にはカリウムが含まれていて、根を育たせる働きがあります。
また虫よけや土壌phを整える効果があるそうです。

平井園で藁灰をたっぷり作っておいて、移植の際、土壌に漉き込みました。 また柿は移植後2~3年芽吹かないこともあります。

でもあきらめないでください。
突然芽吹くこともあるんです。

水やりの加減などお伝えして、本日は作業完了です。

メリークリスマス

2020.12.29
 疫病退散の願いを込めてプンゲンスホプシーを出荷いたしました。
掘りづらい場所に植わっていて、掘り取り作業てこずりました。 感染予防に気を付けて年末年始はお過ごしください。

坪庭

2020.11.11
 お客様からの依頼で中庭に景色が欲しいとのことで、坪庭制作やってきました。 家の玄関を通り室内を通過して石材など搬入します。
これが結構大変でね。
汚さぬように養生したり、石も重いしね。
また、狭いスペースでの作業はなかなかの苦戦。
最後に防草シートに砂利を敷いて完成! 今回、初の試みで雨樋からの筧を制作しました。 最後に水鉢に網の蓋をかぶせて金魚を飼えるようにしました。
飛びだして逃げないようにね。

前の5件へ