平井園だより

News

秋の手入れ

2020.09.26
(妙音沢にて)

すっかり秋
涼しくなりました。

お庭の手入れに依頼も多くなってきました。
最近はバッテリー式のトリマーを使っています。騒音が小さくなり近隣へのご迷惑も最小限になるように努めています。
チャドクガ

今年の夏が暑かったせいか、例年より害虫発生が多くて苦戦しております。
これにやられると痒くて仕事になりません。

お庭に手入れの際は、まえもって消毒など駆除を行ってから作業させていただきます。
秋の長雨などで日程の調整に手こずっておりまして予定が順延することもございます。
ご予約はお早めにご連絡ください。

タイムカプセル

2020.08.01
 新築のころ植えて約20年ほど経過したそうですが・・。
近年、カミキリムシなどの被害でだいぶ傷んでいた白樺の木。

まだ枯れてはいないけど、台風などで倒れても危険なので、やむなく伐採、新植という運びとなりました。

新植は常緑ヤマボウシ。 近頃、温暖化でカミキリムシなどの害虫も増えましたが比較的、害虫に強い樹種です。常緑で目隠しにも有効なので...


それは白樺の抜根作業のとき、偶然、発掘したんです。
   タイムカプセル

あぶなく捨ててしまうところだった・・(汗)

娘さんが幼なじみの仲良しと13年前に埋めたようです。

すかさずお母さまが、今は勤めている娘に
LINEしましたが、娘さんも「なんのこっちゃ?」と覚えていませんでした。


時空を超えて発掘した可愛い宝物。
懐かしい友達との再会とか思い出話しに花が咲きそうですね。

フェンスにはシャインマスカットを絡めてみました。
せっかくの夏だもの。

今年はどこにもいけなそうだし、10年後の未来に期待してタイムカプセルをお庭に埋めてみてはいかがでしょうか。

椎の木

2020.07.11
 弟が三鷹で農家を営んでるので、ときおり野菜をいただきます。
トウモロコシの初物をいただきました。

すっきりしない空模様がつづいて仕事の予定もままならないのですが、そんな雨模様のなか椎の木(スダシイ)の強剪定やってきました。 場所は平井園の南側の住宅をぬけ、五日市街道にいく途中の道すがらにそびえ立っていて、
昔から「この木なんの木?気になる木?」
・・・てな感じで
犬の散歩道でときおり眺めていたのさ。
なんと!幹回りは4.0mのデカさ!
 平井園の南側には、かつて盈進学園小学校がありました。
現丸山西東京市長のお爺さんである丸山鋭雄氏が1925年(大正14年)に人格教育、鍛錬教育、個性教育の理念を実践するため、自宅を教室にして初等学校を開設。

・校名「盈進」(えいしん)の名は丸山先生の真情に心を動かされた支援者の一人、徳富蘇峰(国民新聞社社長、小説家 徳富蘆花の実兄)が名付け親で、孟子の句から取ったもの。

その頃、この「椎の木」は池袋からリヤカーで運んできて植えたそうで。 樹齢120年~130年ぐらいはあると思われます。 戦時中、校舎が中島飛行機の寄宿舎に見えたのか、たくさんの爆撃を受けて
学園は移設したそうな。

作業前 作業後 大切にそして大胆に剪定いたしました。

 こんなに剪定したのは初めてとのこと・・。
すっきりさっぱり! これで巨大台風がきても安心です。

大きな樹のお手入れをさせていただいていると、昔の話とか聞けて面白いものです。

蘇峰さんは、この「椎の木」を眺めて何を語ったのでしょうか。

地元の歴史を知るって貴重ですよね。

かつてこの地にあった学園の子供たちの賑やかな声が聞こえてきそうです。

六月の作業

2020.06.19
マスクも息苦しい6月です。

雨も上がり虹もでてきました! 吉兆です。

コロナに怯え、世の中憂いて、このところくたびれましたが、虹も緑もそんなこととは関係なく美しいんです。
一日の終わりにいいもの見れました。

さて、最近の作業を紹介します。

木々も伸びてきて、お庭の剪定の依頼が多いですね。 そんな中、以前から頼まれていた藤棚の差し替え。 清々しいですね。


しかし、雨で作業が中断することもあるし
ほんと伸びるよねぇ。草が・・。この時期。
草刈りは大変な作業
土仕事は都会の人びとが思うほどロマンチックな作業ばかりではありません。


先日。某都内の樹勢が弱っているソメイヨシノに保護養生やってきました。
いわゆる『ほおずえ』支柱で台風に備えます。
ヒノキの丸太を使って、二脚の頬杖支柱。
さらにワイヤーブレーシングで補強。
とりあえずこれで今年の台風はしのいで来年の年明けころ強剪定しようかと思っています。 今回、樹木医のサポートもいただきながら土壌改良も施しました。
竪穴式土壌改良工法を採用。
この竪穴に炭などが混ざった土壌改良材を埋め込みます。
この竹筒は節を抜いて、さらに横穴をたくさん空けたものです。
これを埋め込み根の酸素欠乏を防ぎます。
忍法 水遁の術を連想します。
埋戻した後、液体肥料や土壌を瞬間的に膨軟化する薬を全体に潅水します。
瞬間的に!・・・。
これで経過観察しながら今後も見守りたいと思っています。

このところ天気予報と、にらめっこの日々。
湿度も高いし、気圧の変化は体の不調の原因になることもあるそうです。

健康第一!
夜はぐっすり寝て、体調管理に気を付けたいです。

植栽の季節 春

2020.04.13
 朝もやのなか犬と散歩しております。
夜の草の香りもここちよい5月です。
青シダレモミジ

外出もままならないのですが、散歩やジョギングなどはOK!だそうで。

てか。
遊歩道はジョギングしてる人ばかり。。。
やけに多い
なるほど‥。テレワークで在宅勤務だしね。
ジムもやってないし

たしかにこのところ運動不足も気になるところ。

私だけは大丈夫。と思って、走ったり散歩しているのでしょうか・・。
混んでるところは気をつけたい。

お互いのためにね。


昨日、知り合いのお父さんが経営されている居酒屋のテイクアウト弁当を買いに行きました。
マスクで完全防備して。

飲食店ほんと大変そう・・。
夜の営業はほとんどできなくて昼間のテイクアウト弁当ぐらいしかできないとのこと。
行きつけのお店の店主さん。。どうか体だけは気を付けて、なんとかこの節しのいで、またいつも通り営業再開してください。

新緑がいっせいに芽吹いています。
遠出はできないから、せめて身近な春の植物を観察するのもいいものです。 ミツバツツジ

春は植栽に適した季節です。
先日はデザイナー住宅の植栽工事に行ってきました。
雑木類を多数盛り込んだ自然風の植栽が多いですね。
木の向きや傾き具合も大事で自然な風景を創り出すことを意識して植栽します。
既存のツバキは庭の中で場内移植。 近代的なモダン住宅、緑が爽やかで花の彩どりもあいまって建物がよりいっそう良くなります。
TM-9という世界のトヨタ自動車開発が開発した芝も貼ってきました。経年変化の観察が楽しみです。
暗いニュースばかりで気がめいります。
新緑でも眺めていると爽やかで、ほんの少しだけ爽やかな気持ちになります。
早くコロナが終息して
世の中が晴れるますように。

嵐がこようが雪がふろうが
やがて春は訪れます。

いつも心に太陽を。くちびるに歌を。

前の5件へ